管理業務主任者 共用部で修繕積立金での交換工事おこなわず

アルミ建具には強度や耐久性に厳然としたグレードがあり、見掛けの違いでは素人には見分けきれません。築48年の分譲マンションの外壁サッシついて 共用部で、修繕積立金での交換工事おこなわず、(修繕積立金不足の関係)区分所有者個人で交換工事できるマンション管理規約(色シルバー統一)なっており、管理会社の一括募集や個人的なリフォームで既3~4割の住戸交換工事済ませて よく見るサッシ枠の太さやガラスの色わずかな違いある程度で特区分所有者の皆様クレームなど今のころ無いよう 修繕積立金運用の上での管理組合の検討の結果、今後考えられるトラブルやデメリットか 共用部で修繕積立金での交換工事おこなわず修繕積立金不足の関係区分所有者個人で交換工事できるマンション管理規約色シルバー統一なっており管理会社の一括募集や個人的なリフォームで既3~4割の住戸交換工事済ませての画像。

修繕積立金を専有部分の改修に使用した事例の最高裁決定について。配管の清掃等に要する費用については。「共用設備の保守維持費」として管理費
を充当することが可能であるが。配管今回は。管理規約の改正?修繕積立金で
専有部分の工事を一部実施することなどを提案した総会決議に関し。禁止
されている修繕積立金の分割になる可能性もあるので。それは行わず。今回の
工事に伴うオプション工事個人私見ではありますが。マンション管理組合
運営は。合理性と衡平性が担保されており。多くの区分所有者が賛成して管理業務主任者。問 修繕積立金に関する次の記述のうち。マンション標準管理規約によれば
。不適切なものはいくつあるか。イ 大規模修繕工事を間近に控えて。積み立て
た修繕積立金が不足することがわかったので。総会の決議により。毎月徴収する
修繕積立金月額を。各区分所有者の共用部分の共有持分にかかわらず。各戸同額
の値上げを行った。 ウ 給水管取替え工事につき。総会の決議により。専有部分に
係る工事費用を。積み立てた修繕積立金を取り崩して支払った。 エ 駐車場使用料

アルミ建具には強度や耐久性に厳然としたグレードがあり、見掛けの違いでは素人には見分けきれません。当然この違いは価格にもろに反映されているようです同じように見えても数倍とか。戸別発注で、各戸が価格を強く意識?優先すれば、改修後何年かしてその違いが分かるということになりそうです。今更ですが、開口部玄関、ベランダなどの建具の改修?更新には自治体からの助成制度もあり、全戸に共通する修繕工事ともなりますから、何とか管理組合の事業として取り上げて頂きたかったところです。そもそも、共有部分と専有部分の分界について充分な検討が尽くされたのか、多いに疑問を感じます。充分な考えなくそのあたりの基本を蔑ろにするようならば、管理組合運営の様々な面に支障が出ないものか、根本的な懸念を感じます。貧富の差が現れ始めます。後10年以内に建て替えの話をしなくてはいけない。全体の価値が下がっいく要因を作っている世帯が出始めます。全体的に強制力を持たないと、世帯ごとの自由を認める事になり、必ず不協和音が出始めます。サッシや手すり、玄関ドアの交換もしたいのでは?管理組合が弱いとダラしないマンションになっていきます。サッシの遮音等級T値はもちろん、耐風性?水密性?気密性?防火性などが部屋ごとに違うわけですね。個人で交換されたということは、どのようなサッシを入れたか記録も残っていないのではないでしょうか。中古売買する際に、これはかなりのマイナスポイントです。どんなサッシがついているかわからないということは、最低限の性能を持っていないと判断する人もいるでしょう。また修繕積立金の不足により、このような規約変更を行ったということは、これ以上の修繕積立金の増加が見込めないマンションだとわかります。今後、さらなる修繕の必要性が出てきた場合、修繕ができない限界マンションになるのではないでしょうか。>修繕積立金運用の上での管理組合の検討の結果ですが、今後考えられるトラブルやデメリットはありますか。キツイ言い方になりますが、マンションの資産性を大きく下げる決定だったと思います。転売をする際に、苦戦することが予想されます。中古で売却の時に買い叩かれます。回答者もそういうマンションでしたら、管理を疑いますね。あと、漏水の原因になりやすいですね。築48年との事ですが、車で言う『乗り潰す』感覚なのかなぁと思いました。資産価値は気にせずに管理や修繕にもなるべくお金をかけない…だとしたら最後まで付き合うと大変です。売れるなら売り逃げすべきですね。ほぼ同じくらいの分譲マンションが昨年800戸の窓枠と玄関ドアの交換を管理組合持ちで行われました出来なくない事だったようです個々ででやるとメーカーの違い、強度の違いで全体的な強にばらつきが出て、建物の強度も?かもです施工されている家としていない家のばらつきが問題かと思います管理組合の運営内容とか積立金額、長期修繕計画とか内容をもう一度確認してみてくださいこのまま朽ちるような事があったら住めなくなりますいっそ今売れるのであれば売り逃げる事もありですマンションは管理を買うくらい重要です個人で変えられても、サッシに関しては問題有りません、カバー工法で信頼出来る工事会社に依頼する事 漏水が起こった場合は、個人の責任で対処する事と言う確約はとっておいた方が良いですね。今後考えられる問題 ①取替を行わなかった専有部分の外部サッシからの水の浸入、通常管理組合の無過失責任その部分の、修理?下階の補償等問題②残り6~7割からの、修繕積立金による取替要求③取替を行ったサッシの規約違反の問題、カバー工法等では無く、全撤去等で、躯体共用部の斫りなどの、違反行為④自費での交換を、行わない区分所有者に対する不満雨漏り等の心配で下階に被害がある★メリットは、節約した修繕積立金で、他の優先順位の高い修繕が出来る。何れにしても、色々な事を想定して規約細則の準備が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です