第44章:イエス?キリストの再臨 キリストの再臨の前掲挙

携挙は、この世の人間には起こりません。キリスト再臨た時するんか キリストの再臨の前掲挙(空中再臨)ありクリスチャン全員天挙げられる聞きます そて地上で偽キリストイスラエル7年の契約結び 7年後キリストの再臨あるよう クリスチャンのいない偽キリストの蔓延る世界降臨てキリストするのでょうか 主イエスの再臨と携挙はいつおこるのかイザ32?1テサ4。次に。 生き残っている私たちが。 たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に
引き上げられ。 空中で主と会うのです。ます。その中でも。すべての
クリスチャンが最も楽しみにしている日はいつでしょうか。実は新約聖書の
ほとんどの書簡で。この主イエスの再臨ということが書かれいてます。その時
。主イエスはみつかいのかしらの叫び声と。神のラッパの響きのうちに。招集の
大声をあげて天から下ってこられます。イエス?キリストのお名前によって
お祈りいたします。

終末の時代に起こること――キリスト者の携挙。私はたいへん驚かされ。また興味深く聞きましたが。教授によれば再臨はただ
一度であり。再臨も復活も携挙もみな患難時代のしかし今では。再臨は二段階
ではなく。ただ一度であり。再臨も携挙も患難時代の末期に起こる。と考えてい
ます」。今日。多くのクリスチャンがただ教えられるままに受け入れている
再臨二段階説?患難前携挙説ですが。もしこの説が本当に聖書的な彼ら
キリスト者たちは空中に携えあげられ。空中でキリストに会い。以後キリスト
と共に天にいる。携挙。は。いわゆる空中再臨のことで。信者がそのまま天に挙げられることを指し
ます。 これが起こると。クリスチャンたちはすべて天に挙げられ。地上に
は未信者だけが残されます。 「携挙」にあずかるかどうかの基準は。
キリスト

キリストの再臨の前掲挙空中再臨ありクリスチャン全員天挙げられる聞きますの画像。34。携挙ラプチャーの日 全世界からクリスチャンが一斉失踪する日 それは
パニックかラブロマンスか私たちの主イエス?キリストが再び来られること
地上再臨と。私たちが主のみもとに集められること携挙=空中再臨主は
。号令と。御使いのかしらの声と。神のラッパの響きのうちに。ご自身天から
下って来られます携挙。祝福された望み。すなわち。大いなる神であり私
たちの救い主であるキリスト?イエスの栄光ある現われ携挙を待ち望むよう
にと教え第44章:イエス?キリストの再臨。いるのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは,天に上って行
かれるのをあなたがたが見たのと同じ 有 あり 様 さま で,またおいでになるであ
ろう。」使徒。 それ以来 今日 こんにち に至るまで,イエス?キリスト
に従う人は再臨を待ち望んできました。イエスが再び来られるときには,力と
大いなる栄光に包まれておいでになります。すでに復活した人,および主の来
られるときに復活する人は全員,日の栄えの王国の栄光を受け継ぐでしょう
教義と聖

携挙は、この世の人間には起こりません。千年王国も違います。イエス様は、堕落しきった、ニネべの様に、右も左も解らなくなった人間を救う為、救う道を、確固たるものにされます。全てを、初めから、聖書に記して、教えておいでです。①前千年王国説まずキリストが空中に再臨し、クリスチャンを空中にひきあげ携挙その後大きな困難が地上を襲う患難時代患難期の最後にハルマゲドンの戦いが起こり、そのときキリストは地上に再臨し、サタンと地獄へ行くべき人間を滅ぼし、地上に神が直接統治する王国を建国する。千年が終わった後に新しい天と地天国が始まる。この世はサタンが支配している王国であって、それに対して、来るべき新天新地は天の父の御国である。その間の過渡的段階において地上にキリストの千年王国が確立される。②後千年王国説神の王国はキリストの再臨に至るまで歴史を通じて徐々に進展し、神に敵対する力はこれに伴って漸次衰退する。こうした善き意思が徐々に悪に勝利していき霊的な祝福期間1000年、その終わりにキリストが再臨し、最後の審判が行われ、サタンが滅ぼされ、死人の中から復活、という出来事がおこる。比較的穏健とされたが、二度の大戦を経て廃れていった。だがキリスト教再建主義の特徴として後千年紀説の強調がある。③無千年王国説霊的、天的なものとする。現在、すでに救われて、今キリストにあずかっており、やがて来る再臨を待ち望むキリスト者がいる。現在キリストは、み言葉と御霊を通して支配している。しかし、この世においては、終わりの時まで、神の国とサタンの国との並行した発展がある。不敬虔は、反キリストの再臨の時に、死人からの復活と最後の裁きが同時に起こる。それに続いて新天新地が成就する。諸説分かれる処です。7年の豊作の後に空中再臨が起こり、キリスト教徒が引き上げられます。次に、7年の患難が来ます。ユダの救いがなされるのに三年半此処で、患難の終わらせてくださいます。そして、地上に再臨が実現する…大まかな流れです。その時に何が起こるか?詳細は、未だ明確にはなってないと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です