学習指導要領生きる力:文部科学省 文部科学省生きる力どー

生き方を学校の教師から学ぶべきではないと思いますまた教師の頭を改革するより教師は勉強だけ教えといてもらって生き方とかそういうのは実際に社会の現場でバリバリやってた人に教えてもらった方がいいでしょう実際に教えてもらう機会がなくても今はYouTubeとかで探せばそこそこいるでしょうダンスが授業に取り入れられて先生が教えるために必死で覚えてたのがテレビで放送されてましたけれどそんなことよりYouTubeでダンス教えてくれる動画見たほうがよっぽど上達するのと同じですその教師の頭をどう改革するべきなのかも決まってないけどね。文部科学省生きる力どーのいう改革てるけど、教師生徒?生き方?かの教育てない結局意味ないので 自分の社会科担当の教師常生き方か学問どーのか言ってるけど以外変わってない意味ない気 結局教育改革の前教師の頭改革すべきで みなさんどう思か「授業時間が足りないからどーしよう」な人たちに知って欲しい。みたいになっている大人のみなさん。教員も含めてですけど。これを機会に。
一度でいいので。学習指導要領に目を通していただけないでしょうか。 平成?
年改訂 学習指導要領。解説等。文部科学省学習指導要領「生きる力」:文部科学省。新しい学習指導要領。スタート。 小学校。年度~ 中学校。年度~ 高等
学校。年度~ 幼稚園は。年度に新しい幼稚園教育要領がスタート。
特別支援学校は。小?中?高等学校学習指導要領に合わせて実施。 学習指導要領

生き方を学校の教師から学ぶべきではないと思いますまた教師の頭を改革するより教師は勉強だけ教えといてもらって生き方とかそういうのは実際に社会の現場でバリバリやってた人に教えてもらった方がいいでしょう実際に教えてもらう機会がなくても今はYouTubeとかで探せばそこそこいるでしょうダンスが授業に取り入れられて先生が教えるために必死で覚えてたのがテレビで放送されてましたけれどそんなことよりYouTubeでダンス教えてくれる動画見たほうがよっぽど上達するのと同じですその教師の頭をどう改革するべきなのかも決まってないけどね。公立教員なら採用試験を通過しました以外に共通する要素なんてほとんどないのだから。仮に世の中にはサラリーマンが多いという事にして、サラリーマンの生き方とやらを教育する場合、そもそもサラリーマンをやりたくなくて教師になった人々に、サラリーマンになるための教育を求めたらそれはそれでおかしいだろう。学校でいう生き方教育というのは具体的なことを定めずアバウトなもので十分だし、むしろ具体的なことを教えようとしたら個々の生徒の将来を狭めることにしかならない。でも、歴史、地理、政治経済、倫理から生き方のヒントを見つけること自体は可能だよ。人間は未来のことは分からないけど、過去にある人間から学ぶこと自体はできるからね。また、日本人が色々無知で馬鹿にしているだけで、哲学?倫理などは社会人になれば結構有用な学問だし。ちなみに政府が推奨しているのは「生きる力」を身に着けることや、「生涯学習」のことであって、「生き方」を教えよとは言っていないですよ。思考力?判断力?表現力を身につけましょう、学生の期間だけでなく成人後も色々学んで自分の人生に役立てましょう…とはいっていますけど「こういうふうに生きるよう指導しなさい」とは言ってはいません。生き方は自分で定めるものであって、他人に示されてそのまま従うものではありません。生きる力って、社会に出てみなきゃわからないです。それを学校の内に教えること自体、説得力に欠けます。ですので、わかる子とわからない子が出てくるのは確実です。限界があるから、あとは野放ししかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です