中国とロシア 中国の軍事的脅威いつ続くんか

中国ではなく日本の防衛力が完全であれば問題はありません。中国の軍事的脅威いつ続くんか 不安でょうないんけど強硬化する中国と日米がとるべき態度。たとえば第一列島線や第二列島線の内側において。完全に軍事的優位を獲得し
なければ。自分たちは安全ではない。というような考え方です。そんなことは
中国にとって脅威とはなりませんし。それは非常に奇妙な態度だと私の目には
映ります。しかし。当時の中国は後進的で弱い国でしたが。いまの中国は
パワーをもった大国で。それが他国からいつ攻撃されるかも分からないと心配し
て問題は中国のそのような態度が今後どれくらい続くかということです。「中国の軍事的脅威」が崩壊する日。で日高 義樹の「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 。
アマゾンならポイント還元本が多数。予約中のタイトルをご紹介。 今すぐ
チェック | 待望の化。 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご
紹介。

中国の軍事的脅威が高まっている=台湾外交部長。ウー氏は記者団に。中国は台湾の領海?領空付近を中心に軍事的な準備態勢を
強化しており。台湾問題の解決に備えた準備を進めていると指摘。「脅威は
高まっている」と述べた。 6月は中国機の領空侵犯が「ほぼ毎日あっコロナと“中国の脅威。オーストラリアやインドはこれまでになく米国や日本に接近し。日米豪印のか国
間「クアッド協力」はいっそう加速している。月半ばに行われた日米印の海上
合同軍事演習「マラバール」には。ついにオーストラリアも参加中国の挑発に軍事力強化急ぐ日本。若い世代の多くは。中国と北朝鮮の脅威に対抗するため軍事力強化を目指す安倍
首相の姿勢を支持している。 日本の指導者らと自衛隊と呼ばれる軍事組織が。
紛争に断固たる姿勢で効果的に対応するかどうかという点に関しては

米中激突の危機高まる南シナ海。中国の行動は南シナ海を軍事化しないという公約とは対照的」と声明で非難。月
日には。ポンペオ国務長官も。南シナ海を巡る中国の米中対立が
エスカレートし。両国の軍事的さや当てが続けば。偶発的な衝突も否定できない
。中国は隻の晋級を建造。隻あたり最大発の—
を搭載できる。つまり。将来。-/型ミサイル原潜が配備される
ようになれば。米国にとっては大きな脅威となり。中国にとっては米本土への
打撃解説。レイ氏は。アメリカの国益にとって中国の脅威が。過去年で非常に大きくなっ
ていると主張。中国短期的には。不安定な緊張状態が米大統領選までは続くと
考えられる。中国また。トランプ氏も深刻な対決を求めていないし。軍事的な
衝突はもちろん望んでいないと。専門家の見方は一致している。

中国とロシア。ところが実際には。中国とロシアの軍事的交流は加速度的に強化されているのだ
。中国や北朝鮮をアメリカの攻撃から防御するとともに。日本や韓国それに
台湾にとっては大きな軍事的脅威をバイデン政権が新しく作ったポストは。対
中政策転換のシグナルかバイデン政権でも続くアメリカの対中米中対立。中国が日に弾道ミサイルの発射実験をすると。米国は南シナ海の軍事拠点化を
進めた中国企業?個人への初の制裁にそれをさらに拡大する」と。中国の脅威
に対抗する包囲網の構築を改めて提唱した。 米中の軍事的緊張が高まるのは
初めてではない。明海大の小谷哲男教授は「米中両国が互いに南シナ海で
けん制し合う動きは続くだろう。日経テレコン 日経
チャンネル- 日本経済新聞の本日経グローカル日経

中国ではなく日本の防衛力が完全であれば問題はありません。対外的より国内の反戦主義者や反軍拡主義者が脅威で基本的にそいつらは日本人でありながら日本人としての意識がない反日集団ですから。先ず、国内問題を処理しないと中国の軍拡より恐ろしい社会体制が問題ですそれは妄想にすぎません。日本人は中国製の服を着て中国製の靴を履き、中国製の家電や通信機器、PCを使う中国のいいお客さんですから攻めてくる事はありません。中国に脅威を感じる?なんで?アメリカの2百年余りの建国史の中戦争していない時間はわずか十七年と言われるが、主要大国の中で数十年も戦争をしていない国は中国だけだし、中国が日本より強い歴史が3000年も続いたが、日本を攻撃してくることは一度もなかった。中国ほど平和的な大国は他にないよ?そもそも世界的に見れば、近隣国による軍事的脅威を感じていない国や期間は稀有な方で、ソ連崩壊に伴い実質、日本の仮想敵国が存在しなくなった時期は珍しく幸福だったと言えます。例えば、ロシアから遠いイギリスやドイツ、フランスだって一見、軍事的には安全そうですが、今では国内テロで多くの市民が犠牲になっており、戦争の恐怖とさほど違わないのが現実です。自ら”テロとの戦い”を始めてしまった米国は、国内外で常に戦争しています。実質80年ほどは戦争で1人の死者も出していない日本は、世界的に見て極めて珍しい平和な国と言えます。極論すれば、大陸中国に幾つかの領土を差し出せば日本への軍事的脅威はおさまる訳で、敵の国民を地上から抹殺すると息巻いている国々が存在する現実と比べると、平和ゆえの我がままにしか見えないでしょう。それは、わかんない。だから、日本は、法整備して対策しないとあかんやろ。と思う。中国がある限り、いつまでも続きます。ただ、中国は常に内政が不安定な国です。下手に民主化して移動を自由化したりウイグルやチベットへの弾圧をやめると、途端にウイグルもチベットも独立して瓦解しかねません。内モンゴルも危うくなるかもしれません。漢民族地帯と南部の少数民族地帯だけになってしまった中国は、国境防衛に大いに不安を抱えることになるでしょう。そうならないように、中国の軍事力は正直なところかなりの部分、自らに向けられています。アメリカ軍やロシア軍と同じ意味で愛国心や忠誠心で一枚岩になった軍隊が、しっかり統治されている国から脅威として我々に対峙している…という状態とはお世辞にも言えないのが中国です。弱い相手にはこすっからく強気に出るが、本当にヤバそうな相手台湾とかには手も足も出ないのが中国です。いざ戦いに出るときは、自国民の犠牲などいくらいても構わないというスタンスで戦うのが中国です朝鮮戦争の時の中国義勇軍の戦い方を参照。人民解放軍の新兵は共産党の子弟のうち非優秀な人々の就職先となり果てている感があり、入隊式であくびしたり居眠りしたりする様子が伝えられています。油断は禁物ですが、恐れすぎるのもまた禁物と思います。もう時期、経済破綻、軍事クーデター、民主化分裂と言う形でしょうね。でも日本に難民が何百万人も押し寄せてくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です