アルカイダ アメリカ自分の国の大統領すら暗殺する国テロ自

そうですね。新型コロナウィルス、戦争たっている国アメリカいう事ないかね アメリカ自分の国の大統領すら暗殺する国、テロ自演自作するくらい、中国や韓国北朝鮮巻き込んで戦争するきっかけ作ったのでないでょうか 当然平和ボケている日本叩き直すため巻き込んでいる思われます アメリカ仕組んだて当然のこならトランプ大統領すら知らない可能性けどね アメリカ大統領すら知らない影の政府ある聞いてらトランプは満座の中で文在寅を叱った:日経ビジネス電子版。トランプ大統領がツイッターで文在寅大統領の対北融和姿勢を批判した。韓国は
日。ようやくの追加配備を認めたが。不信感は消えない。北朝鮮との対決
を控え米国は。韓国の裏切りを許すつもりはない。

アルカイダ。まとまらない文章で大変恐縮ではございますが。そもそもイスラム問題を考える
上で根本がわからなくなってしまったので。教えてください。, 極悪ブッシュ政権
下で。極悪アメリカ支配勢力が。911の自作自演テロを起した目的は。次の読書感想文コンテスト作品ページ。社会党議員として活躍した高田富之を父に。そして国粋主義者として前線で政治
活動をした高田良平を祖父にもつ著者が。真に目指すべき世界と。その世界
そのものに巣食う病魔を解明する。日本の対北朝鮮交渉パターンに関する研究。本研究では。日朝国交正常化交渉過程における「日本の対北朝鮮交渉パターン」
を分析 する。具体的には。日本が。北朝鮮との国交正常化交渉過程の「戦略的
局面」 において。交渉相手国?国内?国際という3つの交渉

新型コロナ?アメリカ起源説??中国生物兵器説?は両方デマ。新型コロナウイルスの発生源をめぐって。アメリカと中国が対立している。
アメリカ側は?中国ウイルス??武漢ウイルス?などと呼んで中国の責任を問う姿勢
なのに対し。中国側は?武漢が発生源かは分からない??中国国外から

そうですね。アフガニスタンにも軍隊派遣している、欲深な国だとは感じますね。日本は戦争負けてから色々買わされてますし、英語を強要される。アメリカの資本主義の押し付け、、コロナウィルスはさすがに違うと思いますが、卑怯な国ですね。「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」2003年 新人の入社式にて「ナイラ証言」少女の演技に世界がだまされた…メディアの嘘から .1990年ある少女が米国議会下院の公聴会で泣いた。少女の名前は、ナイラ。この少女の涙が戦争の引き金となる……。――1990年8月、イラクは、クウェートに侵攻しました。アメリカにとって、アメリカの油田のあるクウェートへの侵攻は、危機でした。国益の一部を失いかねません。しかし、当時の8割のアメリカ国民は戦争を反対。そんな中、一人の少女が涙を流します。「病院に乱入してきたイラク兵士たちは、生まれたばかりの赤ちゃんをいれた保育器が並ぶ部屋を見つけると、赤ちゃんを一人ずつ取り出し床に投げ捨てました。冷たい床の上で赤ちゃんは息を引き取っていったのです。本当に怖かった……」 この証言をしたのは、クウェートから奇跡的に生還した15才の少女。ナイラ。当時のアメリカ国民の多くは、「8割」もの人が戦争を回避しようと考えました。あの涙までは。 ナイラが涙を流した後、その証言はメディアを通じて報道され、ブッシュ大統領やマケイン上院議員などがその証言を十数回引用しそれもまた報道されました。その証言に、その演説に、全米が涙しました。 そしてなんと、当初は多くが戦争反対であったはずのアメリカ国民の8割が、その後、戦争に賛成したのです。そして、アメリカはイラクへと派兵し戦争に勝利しました。この戦争は湾岸戦争1991年終結として知られています。 世界は守られたかに見えました。しかし、ここで問題が発覚しました。あの証言をしたナイラは、在米クウェート大使館の娘で、アメリカ国内で贅沢な暮らしをし、実際には、クウェートには住んでいないナイラ=アル=サバーであることが明らかになったのです。 ナイラがクウェートから奇跡的に生還したというのも、世論がガラッと変わったあの証言も、何もかも全て嘘だったのでした。 他にも、イラク軍による油田破壊で石油まみれになった水鳥の写真が公開されましたが、これはクウェート沖ではなくメキシコ湾でのタンカー座礁事故のものを流用したものだったということもわかりました。 全てが、全てが嘘でした。戦争や対立は、お金の為に残され、作られているのです。を踏まえて。ローゼンタール文書 を読まれてから↓を面白い陰謀論イルミナティカード 計画?発見した医師、カードの建物そっくりの武漢の建物を作った人物や周辺を調査したらおもしろそうです。さらに計画?予知?Dean Koontz「The Eyes of Drkness」の訳They call the stuff “Wuhan-400” ,because it was developed at the RDNA labs outside of city of Wuhen, and it was four hundredth viable strain of man -made microorganisms created at the research center. 武漢市街のRDNA研究所で開発されたもので、それは「武漢-400」と呼ばれています。そして、それは研究所センターで作られた人工微生物の400番目の実行可能な株でした。こういう一文もあります。In around 2020 a severe pneumonia-like illness will spread throughout the globe, attacking the lungs and the bronchial tubes and resisting all2020年頃には、肺及び気管支を攻撃し、すべての既知の治療に対抗し、重度の肺炎のような病気が世界中に広がります。ローゼンタール文書を少し紹介1976年におこなわれたこのインタビューの中で、ローゼンタールはユダヤ人が米国の政治とマスコミを完全に支配していること、そして間もなく彼らが全世界を完全に征服するだろうという衝撃的な内容を赤裸々に語っています。小数のユダヤ人が一体どうやって多くの人々を奴隷化し、政府の圧倒的支配を得ることが出来たのか。しかも誰にも気づかれることなく。誰にも気づかれずに国家を乗っ取ることができたのはどうしてかと尋ねると、ローゼンタールは報道機関の絶対的支配が勝利の原因だと答えた。彼は全ての報道をユダヤ人が支配していることを自慢した。手を加えられたニュースの受け入れを断った新聞社は、どこも広告を引き上げられるため、彼らに従ってきた。これがうまくいかないと、ユダヤ人は紙とインクの供給を止めさせる。『それはいとも簡単なことだ』と彼は言った。政府の役人について尋ねた時、過去三十年間、誰もユダヤ人の承諾なしに政治権力を握った者はいない、とローゼンタールは言った。『フランクリンルーズベルトが我々の手先となった1932年以降、アメリカ国民は一度も大統領を選んだことがない。つまり、ルーズベルト以降、すべての大統領は我々の手先だった』『我々は国々に混じって寄生虫として生き続けるため、我々自身の特異な性質と生活習慣を隠さねばならない。多くの者がその国々に混じっているユダヤ人を本当のフランス人、イギリス人、イタリヤ人、ドイツ人だと信じているから、このやり方で我々の成功はこれまで続いてきた。彼らは中略おまえたちは話にならない!毎年アメリカでは12000人以上の医学博士が医学部を卒業するが、その内の約10000人がユダヤ人だ。法学部の学生のユダヤ人比率はもっと高い。我々の支配に対するどんな抵抗も束の間で終わるほど、ユダヤ人はここアメリカの強固な基礎の上に立っている。おまえはキリストがユダヤ人だった話とか、神の選民の話とか、六百万人の話を我々があざ笑っていることを知っている。このことは我々が世界で他に類のない結束力を持っていることを物語っているはずだ。ユダヤ人は今まで会ったこともない、ひょっとしたら、聞いたこともない他のユダヤ人とも緊密さを持っている。』W『ローゼンタールさん、このインタビューの中で私に嘘を付いていなければいいと思います。もし嘘を付いていたら、私たちはあなたに仕返しするでしょう。いいですか?』R『俺がおまえに言ったことは本当だ。何もかも。嘘を付く必要はない。』TBS社長井上弘語録「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」1998年 新人の入社式にて「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」2002年 新人の入社式にて「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」2003年 新人の入社式にて「君たちは選ばれた人間だ。君たちは報道によって世の中を動かす側の人間。対して一般国民は我々の情報によって動かされる人間だ。日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもなる」2010年 新人の入社式にて私は当時の首相に言ったことがある。 「いまの政府は国民を騙すようなことばかりやっている。 このままだと、国民は怒りを覚えて立ち上がるでしょう」 と、このように進言したのだが、首相は私にこう言った。 「大前さん、わが国は愚民政策を施しているから大丈夫だよ」まさかと耳を疑ったが、これは事実である。官僚は犯罪者は世界の常識中国の報道官はアメリカが新型コロナウイルスを中国に持ち込んだ!と主張してる。記事に出てる。↓新型ウイルスは米軍が武漢に持ち込んだ、中国報道官が主張3/13金 15:02配信 AFP=時事中国外務省の報道官が12日夜、新型コロナウイルスは米軍が中国に持ち込んだ可能性があるとツイッターTwitterに投稿した。主張を裏付ける証拠は提示していない。趙立堅Zhao Lijian報道官は、米疾病対策センターCDCの所長が米議会で、インフルエンザで死亡したとされる米国人の中に死後の検査で新型ウイルス感染が確認された例が複数あると証言した際の画像を投稿。「CDCが白状した。米国で感染が始まったのはいつだ? 感染者は何人いる? その病院の名前は?」とツイートした。「武漢Wuhanに流行をもたらしたのは、米軍かもしれない。透明性を示せ! 情報を開示せよ! 米国は我々に対して説明責任がある!」 中国では趙氏の主張と似たような、新型ウイルス流行の責任は米国にあるとの陰謀説がソーシャルメディア上で急激に広まっている。 中国疾病預防控制中心Chinese Centre for Disease Control and Preventionは、武漢市内の市場で売られていた野生動物が感染源だと発表している。だが、中国政府が米高官の「武漢ウイルス」との呼称に激しく抗議する中、最近になって中国当局者や著名な医療専門家からも、ウイルス発生源は別にあるのではないかとの発言が飛び出している。 趙氏は13日にも、「新型ウイルスが米国発だとのさらなる証拠」だとして、カナダのウェブサイトに掲載された記事をツイートで紹介した。モントリオールのサーバーに置かれたこのサイトは、の米同時多発攻撃に関するものなど、陰謀論を多く掲載している。翻訳編集 AFPBB News「アメリカ軍が武漢にウイルスを感染させたかも」=中国外務省報道官3/13金 14:14配信 中国の責任逃れがまた出てきている。武漢発の新型コロナウイルスは、アメリカ軍が感染させた可能性があるという主張である。中国外務省の報道官は12日、自身のツイッターを通じて「アメリカ軍が武漢に新型コロナウイルス感染症をうつした可能性がある」と主張した。この報道官は「アメリカ軍は資料を公開してこれについて透明性をもって明らかにするように」と要求、「アメリカ軍は我々に説明する義務がある」と付け加えた。昨年、中国建国70周年を迎えたことにより、昨年の10月18日から27日まで武漢で世界軍人体育大会が開かれ、米国など105か国の軍人たちが参加した。この報道官は科学的根拠を示すことなく、当時 体育大会に参加したアメリカ軍がウイルスを拡散させた可能性があると主張している。中国外務省の別の報道官である華春瑩氏もツイッターで「米国でインフルエンザの診断を受けた一部の事例は、実際は新型コロナであった」とし「この病気を“中国コロナウイルス”と呼ぶのは不適切である」と主張した。新型コロナの正体、やはり“人工的”ウイルスか 中国当局「荒唐無稽で無知だ」と否定も…米専門家激白「分子にある4つの違いは自然に起きるものではない」3/11水 16:56配信 夕刊フジ■生物?化学兵器の世界的権威?杜祖健氏 河添恵子氏と対談中国発の新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、安倍晋三政権は9日、中国と韓国からの入国制限を強化した。イタリアや韓国で、感染者や死者が激増するなど、世界は「パンデミック爆発的大流行」直前といえそうだ。こうしたなか、毒性学や生物兵器?化学兵器の世界的権威である、米コロラド州立大学名誉教授の杜祖健アンソニー?トゥー氏89が緊急来日した。台湾出身で、日本滞在中には安倍政権中枢との面会も検討されている。ユーチューブ「林原チャンネル」で8日、新型コロナウイルス問題を徹底追及してきたノンフィクション作家の河添恵子氏と対談し、未知のウイルスの最新情報や、日本の対応について語った。写真新型コロナウイルスを電子顕微鏡でみる「世界の専門家の間では『人工的なウイルスだろう』という意見が多い」杜氏は、新型コロナウイルスについて、河添氏から「天然のものか? 人工的なものか?」と聞かれ、こう語った。1930年に台北生まれ。台湾大学卒業後に渡米、スタンフォード大学やイエール大学で化学研究に従事し、コロラド州立大学理学部で教鞭きょうべんをとる。ヘビや植物の天然毒が専門で、80年代にはソ連の生物兵器開発について、毒物のデータベース作成などで米政府に協力した。オウム真理教による一連のサリン事件で、サリンの分析方法を警察当局に指導したことで知られ、2009年に旭日中綬章を受章した。杜氏は、新型コロナウイルスの特性について、「SARS重症急性呼吸器症候群以来、動物から人間に移る感染症が米国でも重視されている」「新型コロナウイルスは、潜伏期間にも感染するという点で、これまでとは違う」と語った。河添氏は、発生地である中国湖北省武漢市に、エボラ出血熱など、極めて危険な病原体を扱える中国唯一のバイオセーフティーレベル4の施設「P4研究室」が存在することを指摘した。これに対し、杜氏は「間接的な証拠から、武漢の研究室から漏れたというのが最も適当な説明だろう」と推測し、1979年に旧ソ連?スべルドロフスクの生物兵器研究施設から炭疽たんそ菌が漏れて、近隣に複数の死者が出た事例を挙げ、続けた。「旧ソ連のケースは、『空調のパイプがつまったために、外に意図しない形で漏れた』とされている。武漢では、焼却処分されるはずの実験動物を裏で転売して漏れたということもあり得る。また、1つの説として、『SARSのウイルスに手を加えたのではないか』という論文も出た。『新型コロナウイルスはSARSと近いウイルスだが、分子に4つの違いがあり、自然に起きる違いではない』と報告されており、人工的に改良された可能性がある」中国軍機関紙「解放軍報」は1月31日、人民解放軍が陸軍の生物兵器専門家を武漢に派遣したことを報じている。杜氏は「台湾側の専門家は『感染症を抑えるためなら医学の専門家を送るべきなのに、中国は生物兵器の専門家を送っているので、P4研究室と関係しているのではないか』と指摘している」と紹介した。《中国外務省の耿爽報道官は2月20日、ウイルスが生物兵器の研究所から流出した可能性を指摘した一部報道について、「荒唐無稽で無知だ」と否定し、科学的根拠が全くないと主張した。中国当局は「人工的ウイルス」説も否定している》対談では、中国当局の初期対応についても議題に挙がった。河添氏は「武漢が当初、隠蔽いんぺいをしていたことが絶対的で、習近平政権の問題になる」「日本企業も中国のトラップにかかっている」と断じた。杜氏も「中国の対応も遅すぎた。武漢全体を隔離するのはあまり意味がない。習政権は、武漢など他のところに責任をなすりつけている。今後の予想はつかないが、多くの都市が分化してしまうと生産や流通も困るし、中国の経済には影響するだろう」と語った。日本は、東京五輪開幕を5カ月後に控え、感染拡大抑制に必死だ。安倍首相は先月27日に全国の小中高校の一斉休校を要請した。9日には、中国と韓国からの入国制限を強化。今月末まで。発行済みの査証ビザを無効とし、入国者には自宅やホテルで2週間待機を要請する。杜氏は「日本も、初期に感染者を局部で隔離できればよかったが…。感染拡大の抑制に努めながら今後の教訓に将来をどうすべきかに重点を置くべきだ」といい、「病院船の活用」や「動物から人間に移るウイルスについて、大学の獣医学部での研究拡充」などを説いたうえで、日本の危機管理について、こう総括した。「どんな生物兵器が、どの国で作られているかという情報を知ることが大事になる。米国も情報を重要視している。日本人は外から見ていて、国防意識が薄すぎる。『国が危ない』ことをあまり知らないのは、メディアが真実を報道しないためだ。防衛面を頼っている米国との関係は重要だが、国民と国家を守るためには憲法改正は必要だと思う」もうアメリカは中国と戦争する気でいるけど、民主党と共和党がごちゃごちゃになってませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です